2017年8月15日火曜日

シリコンバレーのCCA

CCAという言葉を聞いたことがあるでしょうか。CCAとは、Community Choice Aggregationの略で、市やカウンティなどの地方自治体が自ら電力を調達し、(電力会社の電力網を通じて)、地域住民によりグリーンな電力を提供できるようにするプログラムです。


(写真:https://www.svcleanenergy.org/about-us)

例えばシリコンバレーのCCAであるSVCE (Silicon Valley Clean Energy)では、Green Startという、供給される電力の半分が再生可能エネルギーとなるプログラム(PG&Eの価格に比べて平均で0.5%だけ安い)とGreen Primeという
供給される電力の100%が再生可能エネルギーとなるプログラム(PG&Eの価格に比べて平均で3-4%だけ高い)の二つを用意しています。

SVCEはMountain View市やCupertino市、Los Altos市などシリコンバレーの12のコミュニティによって作られた組織です。

カリフォルニアのCCAには他にも、Peninsula Clean Energy, MCE clean Energy, Sonoma Clean Power, Lancaster Choice Energy, Clean Power SFなどがあります。

追記:2018年のSVCEの電力料金と電力MIXについてはこちらをご参照ください


0 コメント:

コメントを投稿