2020年12月16日水曜日

0 コメント

COVID19で2020年は二酸化炭素排出量が記録的に減少

12月11日に GCP (Global Carbon project)が出した最新の論文によると、COVID19の影響で2020年には世界の化石燃料由来のCO2排出量が24億トン減少し全体で約34 Gtとなり、2019年に比べて7パーセントの減少となったそうです。


この減少量は、世界の道路から500万台の自動車を削減したのと同等量とのことです。排出量の減少は特に交通分野で顕著で、道路交通と航空交通分野での排出量は、世界全体で2019年と比較してそれぞれ約10%、40%の減少。また、ロックダウンのピーク時には自動車の走行を含む地上交通からの排出量は、約半分に減少しました。


このベイエリアでも、3月にロックダウンが始まってからはそれまでの朝・夕方の交通ラッシュが嘘のように、高速道路が空いています。1日中渋滞していることで有名だったロサンゼルス市も、ロックダウン中は車が著しく減少しているそうです。


排出量の減少が顕著だったのは米国(12%減)とEU27カ国(11%減)。一方、中国では1.7%の減少に留まったとのこと。またイギリスでは13%減少、インドでは9%の減少が見込まれています。


ちょうど米国では来年からバイデン大統領が就任、そして欧州でのグリーンニューディールや市のレベルでのグリーン・ニューディールの広がりもあることから、COVID-19からの経済回復と共に、引き続き排出量の削減、が多くの地域で目指されることになるでしょう。