2016年11月9日水曜日

カーシェアリングが車の所有に与える影響 

前回の投稿から、また時間が空いてしまいました。

その間、事業戦略の策定支援の他、米国でのスタートアップ立ち上げ等にも実際に携わっておりました。また、最近はエネルギー分野に留まらず自動車分野や、AI(人工知能)活用に関する戦略立案や技術支援も行っております。(こちらのブログにもそのうち、関連するトピックを書いていけたらと思っております。)

さて今日は、カーシェアリングが人々の車の所有に与えるインパクトについて、面白いスタディがあるので簡単にご紹介します。こちらのスタディはバークレー大学のTransportation Sustainability Research Centerによって行われたもので、世界最大のCar Sharing OperatorであるCar2Goが、人々の車の所有に与える影響を調査したものです。調査は北米の5つの都市で行われました。

結果は以下の通りです。

・Car2Goの車1台につき、平均1〜3台の車が実際に売られた
・Car2Goの車1台につき、平均4〜9台の車の購入が控えられた
・上記を合わせると、Car2Goの車1台につき、平均7〜11台の車の所有が抑えられた

以下のテーブルに5都市でのそれぞれの結果が載っています。

こちらはCar2Go1社のみについての調査であり、他にも様々なカーシェアリングサービスがあること、そしてさらにUberなどのライドシェアリングサービスがあること(参考:Car2Goの利用者が120万人に対してUberの利用者は800万人)を考えると、今後の車の所有にこれらのサービスが与える影響はとても大きいことが分かります。

そういった、もう少し俯瞰的な考察についてはまた別の機会に書ければと思います。

0 コメント:

コメントを投稿